ライター紹介

廣海 緑朗(ヒロミロクロウ)

廣海 緑朗(ヒロミロクロウ)
HF magazine

廣海緑朗 1965年生まれ。東京・北海道を経て1980年より京都在住。
1981年より音楽・アート・映像などのイベントを京大西部講堂などで企画制作する。 1987年に観た映画「ホピの預言」(監督:宮田雪/制作:Land and Life)の影響で7回渡米し、北米先住民の居留地を旅し、 居留地での核実験やウラン採掘、強制移住の反対運動に参加。
1993年から映画「ホピの予言」を制作した『Land and Life』に参加。 上映や講演で、先住民の現状や世界感を知ってもらうために力を注ぐ。 2002年以降は音楽と環境問題に視点を置いたイベントの制作を行う。 2012年、福島原発事故で放射能汚染の実態を知り、安全な食べ物を提供したいと自ら測定した食材を使ったレストラン「NONベクレル食堂」を左京区岩倉に開店。 2014年、店を三条猪熊に移し「ノンベクキッチンホテヴィラ」として開店 。 2015年、京都市議会議員選挙に市民派として立候補。2282 票で落選。 2016年、「ノンベクキッチンホテヴィラ」を閉店。食品の放射能測定は4年間で900検体に及ぶ。「NPO法人みんなの地球のくらしかた」を立ち上げ、社会事業を世に広める活動を開始。 2017年、(株)ヒューマンフォーラムの「mumkuteki」の中でイベント企画制作、カフェのオーガニック食材の仕入、goodsへの商品紹介、ファームのイベントなど、ヒューマンフォーラムのコミュニティー化に向けてその一端を担う。信頼資本財団「A-KIND塾」3期生。2児の父。

このライターの記事

mumokuteki cafeのお米の農家さん紹介!福井県かみなか農楽舎に行って来ました!

STORY | 2019.02.08 up

【イベント告知】12月9日(日)京都ダイアローグ vol.2 「私の中のイノベーション」

RESEARCH | 2018.11.29 up

世界4大過酷マラソンのひとつ、アタカマ砂漠マラソンに挑む男!

RESEARCH | 2018.09.17 up

植物の生存戦略とレタスに恋した人々

STORY | 2018.08.02 up

「お田植え祭 2018」-人と人との繋がりを作る農業の役割-

STORY | 2018.06.28 up

アメリカ先住民ホピ族の村を訪ねて(後編)

RESEARCH | 2018.05.28 up

アメリカ先住民ホピ族の村を訪ねて(前編)

RESEARCH | 2018.05.18 up

mumokuteki カフェで使用しているお米のこだわり

STORY | 2018.05.18 up

戻る